「大人になったら綺麗な字が勝手に書けるようになる」と思っていた昔の自分へ

writer

(僕の手はこんなに腕毛濃くないです。)


改めまして、こんにちは。
採用担当のヤマシタです。

タイトルのこれ↑↑
結構、思ってた人多いんじゃないですか? 

料理人家系のうちでは、じいいちゃんもばあちゃんも、もちろん親父も、硬筆・毛筆どんと来いって感じでした。献立は全部手書きでしたからね。


僕もそんな綺麗な字にこっそりあこがれていたのですが、
「まぁ、こんだけ周りの大人の字は綺麗なんやし、これからの長い人生、たくさん字を書いてったら勝手に綺麗になるだろう。
とか思っていました。

しかし、それは高校生になっても大学生になっても、果ては社会人になっても、全く改善されず。

見て見ぬフリしたまま、私は大人になりました。。



昔の自分へ

「浩平。字だけは常に綺麗に書くようにしなさいね。」
思い出すのはばあちゃんのこの言葉。

もしも、昔に戻れるなら
「そんなん年取ったら、綺麗に書けるようになるわい!」
とばぁちゃんを無視し続け、サッカーばっかりしてた自分にパンチしてやりたい。


正直、社会人1年目の仕事では、字を書くことなどほとんど無かったです。

ですがIMLに入って、いろんな場面で直筆をする場面が増え始め、IML入社直後の(鬼←w)上司には
「なんでそんな字が汚いん!!??そんなんじゃ取引先に送れないよ!!」
と罵倒され、僕の危機感はついに頂点に。

(※当時は「え、段ボールに書く字ぐらい, ちょっとは走り書きでも良いんちゃう?」とか思ってました。w)

そんなときにふと思いました、
「大人になっても字が汚いのは、もうなんというか、自転車乗られへんぐらい恥ずかしいことなんや」 と。



犯罪級に汚い字を書く私が始めたこと

練習中

そして、社会人6年目にしてやっと始めました、ボールペン字。

大の大人が、せっせと

「エコ、、エコ、、、、カフェ、、カフェ、、、」

と唱えながら、ボールペンを走らせます。もうホラーです。

ですが、今後の僕のボールペン字ライフはきっと輝かしいものになることでしょう( ´ー`)/


やっとひらがな編が終わり、カタカナ編に突入しているのですが、←
教科書を読みながら一つ分かったことがあります。
それは

「字が汚い人=練習も何もしない僕みたいなぱっぱらぱーな人」ではなく、

「字が汚い人=字を綺麗に見せる手法を知らない人」みたいです。


詳しく言うと、字にはそれぞれ
「ここを少し大きめに書くとすっきりして見える。」
「最後の払いを下に大きく突き出すと、バランスが良く見える。」
など一つ一つ綺麗に見えるロジックがあるらしいんですわ。


字が綺麗な人は「そのロジックを多く覚えている」もしくは、「感覚的に分かっている」んですね。

どうりで、子供のころから対して字の練習はしてなさそうなのに、めっちゃ美文字な人がいたんだなーと一人で納得。

それを当時教えてくれてれば、俺だってこんな苦労はしなかったのではなかろうか、、

段ボールに書く字も綺麗だったんではなかろうか、、



いかがでしょうか

いかがでしょうか?

とかなんとか語った割には、まだまだこのレベル。。

もっともっと頑張ります。。

僕からの直筆の内定通知がどうしても欲しいって方は、面接時にお気軽におっしゃってくださいね。

誠心誠意書きますので。

▼クリエイティブマネージャー(東京勤務)
https://www.wantedly.com/projects/199216

▼ネイルアドバイザー(東京勤務)
https://www.wantedly.com/projects/191887


▼アシスタントスタッフ(大阪勤務)
https://www.wantedly.com/projects/201260
↑新たに職種募集開始しました!



ではーー( ´ー`)/