私がIMLに入った理由

だんぼーこるさん

こんにちは!
IMLブロガーこと、やまぴーです。

いやー、前回のイトーさんのブログで私が冷めた奴やと酷評されていましたが、私はあんなにあっさり断ったりしていません!w

地元の友人の結婚式があったからなんですよ!いや、ほんまに!←


最近、彼女から「デブやん!」と言われ始め、本格的にダイエットを実施している私。
結婚式のカタログギフトで体重計もちゃっかり頼みました。

そんな私は毎朝、少し早起きして5km程走っているのですが、走っている最中に、急に今回のブログのテーマが浮かびました。

それは、私が「IMLに入った理由」です。
今更な感じもしますが。

そうです、今日は少し真面目な感じでいきますよ、私。
いっつも、コーヒー飲んで、アイス食べてばっかりちゃうねんぞってところを見せつけてやりますよ。



合縁奇縁たれぞかれ

私とIMLの出会いは、本当に細いご縁からという状態でした。

前職を離れた後に私は、関西で過ごした丸6年の間にお世話になった方にご挨拶に周っていました。
その中の恩師の一人に急に言われた一言。

「一人会って欲しい方がいてるねんけど、どう?」

そして食事の席で紹介されたのが、今の会社の前代表取締役でした。

はじめは本当に「すごいオーラがある方だ。。」という印象でしたが、
心の中では「私にネイルの仕事なんてできるのか。。」という不安も当時はとてもありました。


昔から、「素敵な奥さんをもらい、元気なおじいちゃんのまま人生を終える。」 というのが子供の頃からの夢だった私ですが、
そんな私がIMLに飛び込んでみたくなった理由は二つ。

〝Mission〟と〝肌で感じた雰囲気〟です。



IMLの〝Mission〟とは

弊社のサイトトップページにもあるように、IMLのMissionは、

〝Light woman’s fire〟

「女性のハートに火をつけて」という意味です。
初見の時に、このフレーズの強さに心を貫かれたわけです。

ネイルや化粧品を通じて、女性のハートに火をつけ、素敵な女性が増えれば、私が素敵な奥さんをもらう可能性もきっと増えるだろう、とビビッときました。



そして、面接へ。。

理由のもう一つの〝肌で感じた雰囲気〟。
すっごい抽象度高いですが。

前代表取締役との食事から数週間後、緊張と不安でがちがちになりながら、IMLへの面接に向かいました。

恐る恐る事務所を訪れてみると、、

「オフィス、めっちゃ綺麗!!」
「何か全員オーラ放ってる!!」
「なんか外国の人いてる!!?」

IML旧事務所
(↑は当時の事務所エントランスです。)

と驚きの連続だったのを覚えています。

面接当時、齢24の若輩者の私が言うのも何ですが、なんとなく
「この会社、もっと大きくなる気がする。。ここのメンバーに加わりたい!!」
と、その場で決意しなおし、暑く、厚く、熱く入社の意向を伝えました。



そんなこんなでIMLへ入社

そんなこんなで入社したワケですが、今まで飲食業しかしていなかった私にとって、化粧品しかも、女性向けのジェルネイルに関する知識があるはずもなく。

「SHEER?LUXE?、、、」
「UVライトと、LEDライトの違い?、、、」

ほんまに毎日こんな感じでした。
毎日毎日勉強を重ね、こんな手で営業周っていたこともありました。笑
ネイルの手

そんなジェルネイルビギナーだった私でも今では、彼女の足にネイルをしてあげられるほど、上達したと思っています。←
ネイル施術中の画像



そんな私もIMLに来てもう2年

たまたまこれを書いているときに後ろでこんな言葉をコルさんが言うてました。
「うちの会社はほんまに漫画のワンピースと一緒。全員すごいやつ。村人Aは一人もおらん。w」と。

小さいベンチャーだからこそ、個性的で、キャラの強いメンバーが集まっています。
今は、少数精鋭の状態ですが、いつかは大海賊団にしたいなーと密かに目論んでいますし、 そうなれるようにこれからも多くの女性のハートに火をつけていきます。



・・・長々書きすぎた
さ、仕事しよ。笑

ではー( ´ー`)/